I.W.ハーパー ゴールドメダル

おはようございます

斉藤耕太です

今日はバーボンウイスキーのI.W.ハーパー ゴールドメダルの紹介です

バーボンとは、アメリカのケンタッキー州を中心に生産されています
主原料はトウモロコシ・ライ麦・小麦・大麦などを51%以上使用したもの
内側を焼き焦がしたホワイトオーク製の新樽に詰め熟成を行います

飲んでみた感想は
ストレートで飲むと
香りは甘やかなバニラのような香りがし、舌にピリピリとした少しスパイシーな刺激、余韻は優しくふんわりと

ロックは飲みやすく優しいバニラの感じががスッキリと

ソーダ割り(1:4)にしてみると
炭酸と相まってかピリピリとスパイシーな感じに香りと後味にほんの少しバニラの香りがするような

個人の感じで色々な表現があると思うのですが
お値段もお手頃ですし、オススメです!

名前の由来は1877年に作った生産者のドイツからのアメリカ移民

アイザック・ウォルフ・バーンハイムさんのイニシャルI.W.と

その親友フランク・ハーパーさんの名前をつけたそうですね

粗悪なバーボンが幅をきかせていた時代に品質にこだわったバーボンです

—————————————————————————————————–

オンラインショップはこちら