70歳の打撃コーチ誕生

今日は、yagisan です

今回は、ビックリする記事を書かせていただきます

5月1日、汗ばむ陽気の中、プロ野球ロッテ球団の二軍の本拠地である

浦和球場のマウンドに上がったのは、池田重喜寮長兼打撃投手で74球を

若手の選手相手に投げた。打者には打ちやすいようにと何時も同じテンポで

そして求められたところにボールを投げた。打撃投手として職務を終えると

フッと深呼吸をして、ベンチに戻った。この日70歳の誕生日。雲一つない

五月晴れの空を眺めながら、充実した表情で汗を拭っていた。

池田氏は、生まれたのは戦後翌年の1946年で大分県の津久見高校で

2年の夏に甲子園出場を果たした。67年ドラフト4位で大洋に入団。

71年にロッテに移籍し、77年まで投手として現役でプレー。

通算成績は155試合に登板して13勝12敗。その後はコーチや裏方として

ロッテを支え、2000年に寮長に就任した。コーチ時代も寮長になってからも

練習では若手選手に投げ続け抜群のコントロールを披露した。ならばと12年より

二軍打撃投手を兼務。そしてついにこの日に70歳の打撃投手が誕生した。

人間て本当に色々なことで凄いと思います。 「これぞ生涯スポーツ人!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。