世界の5大ウイスキーの代表的な銘柄

今日は、yagisan です

今回は、ウイスキーのお話が5つあるうちの

第1回目として、世界でもっとも有名で、歴史的に見ても生産量でも、世界のウイスキーの盟主に君臨するのが

スコットランド産のスコッチウイスキーである。

スコッチには、アルコール度数が94,8%以下で蒸溜、容量700ml以下のオーク樽での3年以上の熟成など

5大ウイスキーのなかでも最も厳しい定義が有り、その優れた品質を維持している。

製品の9割以上は「ジョニーウォーカー」などに代表されるブレンデットウイスキーであるが

近年は先進国を中心に「グレンフィディック」や「ザ・マッカラン」と言った、より個性的なシングルモルトが人気。

北のハイランドから南のローランド、そして周辺の島々まで、北海道とほぼ同じ面積に120以上の蒸溜所が稼働し

それぞれに個性豊かなスコッチウイスキーを生み出している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。