けろった

けろった

カエルピョコピョコミピョコピョコアワセテピョコピョコムピョコピョコ

先日、お得意先の 「けろった」 さんがリニューアルオープンした。
リニューアルオープン初日、お店への配達を担当させてもらってる(株)なおかつの元ヒキコモリ コウタくんと一緒に食事に行った。

こちらのお店は「お好み焼き/鉄板焼き」のお店なんだけど、
もし国語の問題で 「問1 このお店の特徴を7文字以内で答えなさい」 って設問があったならば
正解はこれ
「か え る の お み せ」 (^^)
そやねん!店中カエルだらけやネン!

けろった鉄板の上にも!

けろった天井にも!

けろった食器棚にも!

オーナーの通称ケロちゃんは、それほどさかのぼらなくてもヒイ爺ちゃんくらいでカエルにたどり着くようなカエル遺伝子を持った女性。
なんせ会話の語尾にはいつも「ケロ」がつく。 ナチュラルに「ケロ」を自由自在に操る感じ。

けろった

「おおきにでけろ」 って言われた日にゃそれが京都弁なのか、カエル弁なのか、おしんの山形弁なのかわからへん。
そんなお店のオープンはたくさんの人で賑わい、まずは元ヒキコモリコータ君にケロママから声がかかった。
「コウタちゃんゴメン。中で手伝ってくれるケロか?」
「え?うそ? コウタをカウンターの中に入れるってこと? えっ? アカンのちゃう?こいつ元ヒキコモリやで?」
って僕が思ってる間にもサッサとエプロンをつけたコウタがカウンターの中で焼きそば焼いてた(^_^;)

けろった

そしてさらに御祝いのお客さんは増え続け、ケロママが僕の前で言う。

「入ってもらっていいケロか?」

「わおっ!どうしよ? いまケロママは僕の前で言ったよね?御指名頂いたのは僕だよね?」
って心の中で確認する。
ほぼ間違いないから覚悟を決める。
大きい声で返事する。
「わかったでケロよ!」
言うてしもた・・・(>_<) 45歳にもなって「ケロ」言うてしもた~(>_<) その時僕の座右の銘が決まった。 「郷に入れば郷に従え」 でもね、カウンターの中は楽しかったケロ♪ 目の前のお客さんと話すのは、お客同士で話すのとはまた違う新感覚。 結局、カウンターの中にいたのにベロベロに酔っちゃったでケロ(^_^;) ということでみなさん行ってケロな! 食事もお酒も美味しいケロよ! 特に瓶ビールはキンキンで最高だケロ!!

けろった
けろった

鉄板焼とお好み焼 けろった

  • 京都市左京区下鴨松ノ木町49-8
  • 075-721-7630
  • 営業時間 18:00~23:30
  • 定休日 火曜日、第2水曜日(カエルイベント時、臨時休業有り)
  • 鉄板焼とお好み焼 けろった